日本下肢救済・足病学会 中国四国地方会
会則
第1章 名称および事務局
第1条
本会は、日本下肢救済・足病学会中国四国地方会(以下、地方会)と称し、事務局を香川大学医学部形成外科医局(香川県木田郡)におく。
第2章 目的および事業
目 的
第2条
地方会は、日本下肢救済・足病学会(以下、本部学会)の中国四国地方会として、下肢救済および足病治療・ケアに関わる医療関係者等が集結して、教育、研究、技術の向上や標準化を図り、当該分野における医療・ケアを確立し、これを普及させることにより、患者の生活の質(Quality of Life)を向上させ、予後を改善することを目的とする。
事 業
第3条
地方会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
 1.学術集会、教育、普及活動
 2.本部学会、その他の関連学術団体との連携および提携
 3.下肢救済・足病予防活動
 4.その他必要な事業
第3章 会  員
会 員
第4条
地方会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 地方会の会員は本部学会の正会員で、中国四国地区で勤務するものとする。資格等については、本部学会会則に準じるものとする。
2. 地方会には正会員、賛助会員、顧問をおく。その資格等については、本部学会会則第3章第4条に準じる。正会員は、当面地方会会費を徴収しないものとする。
第4章 役員・評議員
役 員
第5条
地方会には次の役員をおく。
1. 役員若干名(代表世話人1名、会長1名、副会長(次期会長)1名を含む)
2. 監事1名
第6条
代表世話人および監事の選出は評議員の中から役員会において選出する。
第7条
代表世話人は、役員の互選により選出する。代表世話人は役員会、評議員会を招集し、その議長となり会務を総括する。
第8条
役員は役員会を組織し、役員会および評議員会の議決に基づき会務を遂行する。
第9条
会長は役員会において選出する。会長は地方会を代表して学術集会を主催する。
第10条
1. 監事は地方会の財産および業務執行の状況を監査し、その結果を評議員会に報告する。
2. 監事は役員会に出席し意見を述べることはできるが、議決に参加することはできない。
第11条
1. 役員の任期は3年とするが、再任を妨げない。
2. 会長の任期は1年とし、前年度学術集会終了後より、当年度学術集会終了時までとする。
評議員
第12条
1. 地方会には評議員をおく。評議員は、評議員2名の推薦に基づき、施行細則により役員会において選考し、代表世話人が委嘱する。
2. 評議員は評議員会を組織し、代表世話人の諮問に応じて地方会の運営に関する重要事項を審議する。
3. 評議員の任期は3年とし、再任を妨げない。
顧問
第13条
顧問は、役員会に出席し意見を述べることはできるが、議決に参加することはできない。
第5章 会  議
役員会
第14条
役員会の運営
1. 役員会は役員および会長、副会長(次期会長)をもって構成する。
2. 役員会は代表世話人が招集し、議長となる。2名以上の役員の申し出があれば、代表世話人は臨時役員会を開催しなければならない。
3. 役員会は通常役員会と臨時役員会とからなる。通常役員会は年1回以上開催し、臨時役員会は代表世話人が必要と認めた場合に開催される。
4. 役員会は役員会構成人員の2/3以上の出席をもって成立する。ただし委任状は出席とみなす。
5. 役員会の議事は出席役員の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。
評議員会
第15条
評議員会は毎年1回以上、代表世話人がこれを招集し、代表世話人が議長となる。評議員会の成立は評議員数の1/2以上の出席を必要とする。ただし委任状は出席とする。評議員会は次の事項を議決する。なお評議員会の議事は出席評議員の過半数をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。
1. 事業および会計についての事項
2. 会則の変更についての事項
3. 解散についての事項
4. その他役員会において必要と認めるもの
第6章 会  計
第16条
地方会の経費には、学術集会参加費、賛助会員費、本部学会の補助金、寄附金およびその他の収入をもって充てる。
第17条
地方会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。
第7章 会則改正
第18条
会則の変更は役員会の議決を経て、評議員会の承認を得るものとする。
資料
<本部学会会則第3章第4条>
第3章 会  員
会 員
第4条
本会の会員は、本会の目的に賛同し、所定の申し込み手続きを経て理事会で承認され且つ、会費を納入した者とする。なお、詳細は施行細則による。
1. 正会員:医療に従事するものおよび医学研究者(医師、看護師、糖尿病療養指導士、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、臨床工学技士、血管診療技師(CVT)、臨床検査技師、当該分野の研究者など)
2. 賛助会員:本会の目的、事業を賛助する上記以外の個人、および企業の代表者
3. 顧問:本会の目的に賛同し、本会に対して応援、アドバイス可能な者且つ理事会の推戴を受けた者
4. 外国会員(Corresponding Member):本学会と海外の学会との関連を密にする目的で、海外の当該分野の中から理事会が推薦し、評議員会の承認を受けた者