第58回日本臨床細胞学会秋期大会
大会事務局
川崎医科大学 病理学
〒701-0192
倉敷市松島577
TEL:086-462-1111(代表)
運営事務局
株式会社日本旅行
コンベンショングループ

〒700-0023
岡山市北区駅前町2-1-7
JR西日本岡山支社ビル1階
TEL:086-259-5578
FAX:086-250-7682
E-mail:jscc58atm@wjcs.jp
会長挨拶
第58回日本臨床細胞学会秋期大会
会長 森谷 卓也
川崎医科大学 病理学 教授
 第58回日本臨床細胞学会秋期大会を、2019年11月16-17日(土、日)の2日間、岡山市で開催させていただくことになりました。岡山県での開催は春期(総会)・秋期を合わせても、初めてのことと思います。学校法人川崎学園、岡山大学、倉敷芸術科学大学のスタッフをはじめ、岡山県臨床細胞学会、岡山細胞検査士会の皆様からのお力添えをいただき、全国からお越しくださる皆様に満足していただける2日間となるよう、鋭意準備を致したいと考えております。

本会のテーマは、「細胞診断学の可能性を問う〜新たなるパラダイムへ」とさせていただきました。昨今の医学の著しい発展に伴い、臨床細胞学が置かれている立場も徐々に変化しております。純粋な形態学としての細胞診断は臨床細胞学の基本であり、それを極めるための判定基準作りや症例の積み重ねによる振り返りの作業は、いつまでも継続される永遠の課題です。しかし同時に、細胞診にもデジタル化や、客観的手法の導入によるダイナミックな診断手法の確立が求められる時代となっています。また、一方では遺伝子レベルの研究が進捗し、その成果が形態学に、さらに臨床医学全般に直接反映される場面も決して珍しくはなくなりました。今回の学術集会では、それらの中から本学会内でコンセンサスを得ることが期待される事項、若い世代の方々への教育や啓蒙を通じて将来の発展が期待できる事項を取り上げて、研究成果の発表や議論を展開させることができるような会を目指したいと思っております。

 会場は岡山駅に隣接するホテル、医師会館とコンベンションセンターを利用します。交通の便は極めて良好で、宿泊についてもご不便のないように確保するよう努力致します。ぜひ、秋の岡山にお越しいただき、学術活動とともに当地の食材や観光スポットも堪能していただけましたらと存じます。

 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。