第47回日本歯科麻酔学会総会・学術集会
学会事務局
岡山大学
大学院医歯薬学総合研究科
歯科麻酔・特別支援歯学分野
〒700-8525
岡山市北区鹿田町2丁目5番1号
運営事務局
株式会社キョードープラス
〒701-0205
岡山市南区妹尾2346-1
TEL:086-250-7681
FAX:086-250-7682
E-mail:jdsa2019@wjcs.jp
ご挨拶
 この度、第47回日本歯科麻酔学会総会・学術集会を岡山で開催させていただくことになりました。このような機会をいただき、大変名誉に感じております。参加いただいた方々に十分に満足いただき、魅力ある充実した大会が開催できるよう、全力で取り組ませていただきたいと存じます。岡山での開催は2度目で、2003年に倉敷市で開催されましたが、この度はできるだけ多くの方に参加いただけるよう利便性を重視し、岡山駅直結(徒歩約3分)の岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)で開催させていただくことに致しました。
 本大会のテーマは、「研究が導く患者中心の歯科麻酔」とさせていただき、新たに施行された「臨床研究法」に基づいた臨床研究について学んでいただくとともに、歯科麻酔に関する臨床研究の動向、これからの歯科麻酔の発展を支える研究を紹介したいと考えております。また、これらの研究が患者の皆様の利益にどのように繋がっていくのか、患者の視点でも議論できることを期待しております。大学などの研究機関で研究をされておられる方々だけでなく、地域歯科医療に携わっておられる方々にも、未来の歯科医療を垣間見る機会にしていただければ幸いです。
 さて、岡山には日本三名園の一つである「岡山後楽園」がすぐ近くにあり(タクシーで約10分)、人気の観光スポット「倉敷」も電車で約20分です。また、岡山は「桃太郎伝説」の地で、桃太郎のモデルとなった吉備津彦命が祀られている「吉備津神社」が、少し離れた郊外(最寄りの吉備津駅からすぐ)にあります。岡山の「パワースポット」です。境内の御竈(お釜)殿では、釜の鳴動で吉凶を占う「鳴釜神事」という神事が古来より行われており、竈(釜)の下には大吉備津彦に退治された鬼の首が埋められていると伝承されています。時間があえば「鳴釜神事」を体験することができるようです。また、瀬戸内海にはアートの島と呼ばれている「直島」があり、海外からの観光客に大変人気のスポットになっています。
 古代から現在アートまで、見所満載の岡山に、是非、家族連れで来ていただき、楽しんでいただけれれば幸いです。スタッフ一同、「おもてなし」の心でお迎えさせていただきます。多数のご参加をお待ちしております。
第47回日本歯科麻酔学会総会・学術集会
会長 宮脇卓也
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科麻酔・特別支援歯学分野

吉備津神社

鳴釜神事

直島